ホーム > 大人と子供の矯正歯科

大人と子供の矯正歯科

矯正歯科治療とは

矯正歯科治療とは

矯正歯科治療とは、出っ歯、乱ぐい歯(凸凹の並んだ歯)、受け口などを自分の歯を生かして治療し、良く咬むことができるようにすることを言います。
出来れば、小学校の低学年の時期から、より良い方向に歯を成長できるように歯や顎の形を整えることをオススメ致します。健康な咬み合わせによる美しい歯並び、そして明るい笑顔を作り出すことが可能になるからです。
また、大人(成人)の患者様でも、”目立たない装置”によって歯並びを治すことが可能です。

当院では、通常の歯列矯正の期間と比較して、大幅に治療を短期間で治療する治療方法を取り入れております。
通常だと、矯正装置を最低2年~3年以上装着した上で歯並びを治します。しかし、治療の進行が速くなる矯正は、従来の歯列矯正の期間より6か月から、患者様の歯並びの状態によっては、1年程、短縮して歯列矯正の治療を終えるケースもございます。
しかし、歯並びには個人差がございます。よって、歯列矯正の治療期間には個人差がありますので、当院では治療をご希望の患者様で、
当院の治療方法の条件に合う方にオススメしております。

矯正歯科治療とは

あなたの現在の歯並びは・・・

あなたの現在の歯並びは・・・

あなたの歯並びが現在、どういう状態か一度、確認してみましょう。
悪い歯並びにも色々と種類があり、大きく下記の不正咬合の種類に大きく大別されます。
い。
現在の歯並びで悩まれている方は、歯並び相談も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

悪い歯並び(不正咬合の種類)←※左記、太字などで目立つようにお願いします。
不正咬合の種類には、上顎前突(じょうがくぜんとつ)、下顎前突(かがくぜんとつ)、開咬(かいこう)、叢生(そうせい)、上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)、過蓋咬合(かがいこうごう)、交差咬合(こうさこうごう)、正中離開(せいちゅうりかい)、切端咬合(せったんこうごう)などがあります。

子供の矯正~悪い歯並びをそのままにしておくと・・・~

正しい発音が出来ない。

正しい発音が出来ない。

よく咬めない。

よく咬めない。

顔がゆがむ等の顎の発育に悪い。

顔がゆがむ等の顎の発育に悪い。

心理的障害

心理的障害

子供が小中学校期に起こりやすい咬合異常と注意点

小中学校期に起こりやすい咬合異常と注意点

子供・大人の矯正~当院の矯正治療例

(上顎前突 小児非抜歯 ・ 下顎前突 成人非抜歯 ・ 叢生 青年抜歯) 
大人の矯正~当院の成人矯正治療例
  • 早期矯正歯科治療
  • 大人と子供の矯正
  • 治療の進行が速くなる矯正
  • 院長ブログ
アクセス


大きな地図で見る
住所:〒573-1149 
枚方市牧野北町7-4
最寄駅:京阪電車「牧野」駅より徒歩7分
駐車場:提携コインパーキング有り
(※無料チケットお渡しします。) 

お問い合わせ 詳しくはこちら