ホーム > 早期矯正歯科治療

早期矯正歯科治療

ムーシールドを使った反対咬合治療(3歳~10歳)

ムーシールドを使った反対咬合治療(3歳~10歳)

上の歯より下の歯の方が前に出ている状態のこと受け口と言います。
特に4~5%の割合で3歳児の健診時に判明するケースが多いと言われております。この反対咬合は、自然に治る確率は低く、治療が必要です。
当医院では、「ムーシールド」を使った治療を行なっています。
ムーシールドの治療方法は、就寝中にマウスピース型の矯正装置くわえるだけです。
よって、幼いお子様も治療にかかる負担を軽減しながら治療を行うことができます。

ムーシールドの特徴は、まず痛みが少ないことです。
痛みが少ないことで、子供達も嫌がらずに矯正装着を装着できることも特徴と言えるでしょう。
受け口は、下顎を前に押し出すように筋肉の圧力が働く為、マウスピースを装着することで、舌の位置を上げ、口の周りの筋肉を正常化することができます。筋肉を正常化することで、上顎の成長を促進でき、下顎の成長を抑えることができるのです。
また、この治療に関しては大人(成人)になってからの治療よりも、幼児期に治療を受けていただいた方が効果的ですので、出来るだけ幼児期での治療をオススメ致します。

早期から永久歯(前歯)生えかわり時期の矯正治療

早期の矯正治療

6歳から10歳の不正咬合でお悩みの方へ
トレイナーによる画期的な治療が可能になりました!


●成長期の(永久歯)萌出期間に叢生や顎不調和は引き起こされます。
●口呼吸、指しゃぶり、異常えんげによって問題(叢生や顎不調和)が引き起こされます。
●前矯正治療としてトレーナー(矯正器具))を使用することで、悪習癖を是正し、
 萌出中の歯牙をより良い位置へ、おおよそ誘導、排列することができます。
●ご希望の方には、トレーナー(矯正器具)の解説CD-ROM(日本語版)を、お貸ししております。

あいうべ体操

口呼吸に改めることで、不正咬合の予防や舌位、鼻気道の改善に有効です。

●「あいうべ体操」はこのような方にオススメです。
◇口が常に開いている。
◇疲れが出やすい。
◇なんかやる気が起きない。
◇アレルギー性疾患(花粉症、喘息、アトピーなど)


不正咬合は多くの場合、口腔筋の機能障害に原因があります!

不正咬合は多くの場合、口腔筋の機能障害に原因があります!
  • 早期矯正歯科治療
  • 大人と子供の矯正
  • 治療の進行が速くなる矯正
  • 院長ブログ
アクセス


大きな地図で見る
住所:〒573-1149 
枚方市牧野北町7-4
最寄駅:京阪電車「牧野」駅より徒歩7分
駐車場:提携コインパーキング有り
(※無料チケットお渡しします。) 

お問い合わせ 詳しくはこちら